スマートフォンアプリ開発を行なう為の事前準備|アプリをタップリ

開発を楽しむ方法

スマホを利用している人

情報通信を取りっている企業というと、わかりやすい例を示すと、古くは固定電話事業に始まり、インターネットプロバイダーが提供するネットワーク事業、スマートフォンや携帯を取り扱う企業といえます。
そのため、一見、デジタルなものには縁遠いとおっしゃる方が中にはいますが、現在の生活にとっては、切っても切れない関係にあるのです。
また、企業にとって、意思決定を行う上で必須な経営資源に「4M」という言葉があります。
それは、Man(人),Machine(機械),Material(材料),Method(方法)と呼ばれていました。
最近では、この4MにInformation(情報)を加え、「4M1I」を提唱する学説も登場しつつあるのです。

以下、とあるメーカーの話になりますが、ITを含めた情報通信業界に勤める人たちを説明していきます。
まず、大きく言うと、営業職と技術職にわかれます。
営業職とは、一般的に言われるお客様と交渉をし、受注する仕事、技術職とは、ITを活用し、提案から保守までを実施する仕事になります。
そして、技術職の中に、SE(SystemEngineer)、CE(CustmorEnginieer)のふたつに大別されます。
SEは、顧客の現場の状況を把握し、ITにより業務効率の提案を実施する仕事で、CEは、顧客内で稼動しているIT化されたシステムを保守し、業務を縁の下で支える仕事といえます。
業界には依存しない話ですが、ITを活用し、永続的なPDCAサイクルを支援するのが私たち情報通信業界、IT業界の人間なのです。